ページの先頭
  1. ホーム
  2. 初めての方へ

初めての方へ

建築業界はおかしい事だらけなんです。”にしがきホーム”は 住宅業界の5つの非常識と断固戦います。

住宅業界には、一般社会では考えられないような非常識がたくさんあります。
建築業界は、都合の悪いことは、何も言わずに秘密にし、良い事だけを発言する。
このようなことがまかり通っているのです。
このようなことをしていたら住宅業界に未来は無くなってしまいます。

今からお読みになっていただくお話は、私達“にしがきホーム” グループ全体が間違いを起こさない意味も込めて5つの業界の秘密を公開いたします。

1つ目の嘘:広告の金額だけでは家は建てられない

誰もが初めての家づくりだから知らないと思って広告に実際には建てられない表記をして・・・
「坪単価25.8万円・・・すると40坪で1032万円。 これなら私達でも買える!」

しかし多くの工務店の場合、家が完成すると価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。
なぜだかお分かりでしょうか。

実は坪単価25.8万円は「標準仕様」本体だけの価格です。

実際に家を建てると本体価格だけでは済まず付帯工事と言われる仮設工事・屋外給排水工事など諸費用と言われる設計・建築確認申請料・地盤調査など上げればきりがないほどの項目があります。
ここだけの話ですが「怪しい項目がある建築会社も沢山あります。」

私達“にしがきホーム” で建てても付帯工事・諸費用はかかります。
しかし“にしがきホーム” は建物本体+付帯工事+諸費用は完全公開し建築費の総額も算出いたしますのでご安心下さい。

2つ目の嘘:契約金額と完成した時の金額が違う。その1

住宅価格・住宅の広さの目安にする坪数の表示方法には、決まりがありません。
(これは建築業界の大問題だと思います。)

価格の提示方法が各社で自由なのです。

簡単にご説明いたしますと、1つ目の嘘でご説明した「諸費用・付帯工事」の内容です。
つまり、広告に掲載する建物本体価格は安く設定しおいて、契約段階にならないと見せない諸費用・付帯工事の金額を知らない内に釣り上げておくのです。

お分かりいただけたでしょうか?諸費用・付帯工事は建築業界のブラックボックスなのです。
中には付帯工事・諸費用の合計400万円のローコストハウスメーカーもあります。

つぎは「月々4.8万円で建築OK!」このような広告です。
広告の隅々まで見ると小さな文字で本体価格+金利1.0%で計算。
話を聞いてみると聞いてみると1年固定・3年固定の変動金利です。
ではその後は?金融機関も商売ですので固定期間が終われば3%は上がるでしょう。
現実には使えない金利計算をしているのです。

金利を軽く考えたらダメです。
35年ローンの1%はとてつもなく大きいのです。

言い出したらきりがありません。
坪単価で表示するところもあれば・丸ごとの価格・月々○○万円・・・
また、引渡し価格の場合もありますし、最悪「設計して全て決まらないと金額は出せません」などと言い出す会社まである始末です。

「坪単価25.8万円」という広告に惹かれて喜んで話を聞きに行くと、「60坪以上でなければその単価にはなりません」「内装工事は別です」などと言われてがっかりすることがあります。

さらに、これはモデルハウス仕様ですから、実際はこちらのカタログから選んでいただきます。
わけの解らない経費がその他に10%程度かかります・・・
ローコストを売り物にする住宅会社にも良い会社、悪い会社はあります。

その善し悪しを見分けるために、以下の点は必ず押さえておいてください。
良い会社は、契約前に引渡し価格の話をします。
そこで、家本体以外にかかる費用を文章で説明してくれます。

悪い会社は、契約前にチラシにある本体価格のみで話を進め、契約後にその他にかかる費用を提示するのです。

3つ目の嘘:契約金額と完成した時の金額が違う。その2

これも良くあることです。

原因は契約時に建物の間取りを決めただけで契約してしまったからなのです。
もし、現在このような状況の方は残念な結果にならない事をお祈りいたします。

建物の中の仕様であるキッチン・お風呂・トイレ・洗面・照明・コンセント関係・壁紙・フローリングと言い出したらきりがありません。(50箇所ほど決める事もあります)
このような一番大事な事を決めていない。
営業マンからは「一生に一回の家造りですから」と言われて仕様のアップアップ...

これを最後に一括請求されるわけですから、ビックリされるのも当然ですね。
このような家造りをしてはいけません。

4つ目の嘘:欠陥住宅をつくっているのは、誰でしょう。

最近、テレビで欠陥住宅の特集をよく目にします。

たしかに心無い建築屋もいるのも事実です。
しかし、建築業界にいると分かるのですが、テレビに出てくるようなヒドイ欠陥を抱えた住宅というのは、ほとんど存在しません。

しかし、インターネットで調べてみるとよく分かるのですが、それでも欠陥住宅という言葉が次から次へと湧き出てくるのは、設計能力が乏しい為に仕事のないごく一部の設計士が、欠陥住宅の無料相談窓口を開設してそこから商売につなげたいからに他なりません。

今流行のNPO法人を設立して、さも困った消費者を助けたいという顔をしているから困りものです。
これから家を建てる人を困らせているのは彼らではないでしょうか...

5つ目の嘘:建築中の家を見せない

多くの建築会社は、なぜか建築途中の家を見せません。

素人が見ても仕方がない。
面倒くさい、どうせ見てもわからないと思っているのでしょうか?
いいえ、そうではありません。見せられないのです。
(見せられない理由は、その会社に聞いてください。)

だからではないでしょうが、建築中の家は公開しないのが業界の常識になっているのです。
自分の家なのに自由に入れない、見る時には必ず営業マンがついてくる。
一般公開の現場見学会も行わない。
写真を撮ってはいけない・・・困りものですね。

“にしがきホーム” としての決意表明

このようなことが、建築業界では当たり前のように行われているのです。
しかし、お客さんの立場になってみると「え、どうして?」と思うことが少なくありません。
当たり前のことですが、誰も自分に都合の悪いことは言いたくないのです。

都合が悪いことは、秘密にしておいた方が後々楽だからです。

お客様は「このようなことは建築業界では当たり前ですよ」と言われれば、納得いかなくても「そうですか」と
返事するしかないわけです。
本当に悪習です。
私達はこの悪習と戦い続けます。

私達“にしがきホーム” はフランチャイズの本部機能をもった組織ではありません。
本当に安くて良い家を提供したいと真剣に考えている独立採算性の会社の集まりです。

私達も“にしがきホーム” の名の元にお客様と接する以上、間違いをおこさないように、あえて自分達にも警笛を鳴らす意味も込めて書かせていただきました。

“にしがきホーム” 一同