ページの先頭
  1. ホーム
  2. 保証制度

保証制度

にしがきホームがお約束する 安心・安全の保証

安心の保証システム

住宅瑕疵担保履行法

住宅瑕疵担保履行法とは、消費者が購入した住宅に欠陥があった場合に、販売した側(または建築した側)が、その欠陥の補修などを確実に行うための法律です。
平成21年10月1日に特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)が施行され、にしがきホームでは、分譲住宅については『保証金の供託』、注文住宅については『保険の加入』により資力確保を行っています。
にしがきホームでは、建築中に第三者検査と社内検査の2重の検査を実施して、お客様に安心してお住いいただける住宅の供給に努めています。

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象にしています。

保証金の供託について(分譲住宅の場合)

新築分譲住宅で瑕疵が判明した場合、にしがきホームが責任を持って補修を行います。倒産等で、にしがきホームによる保証が困難になった場合でも、保証金を法務局などに供託しているので、一定の条件を満たした時に、お客様からの請求により必要な金額が還付されます。

保険の加入について(注文住宅の場合)

注文住宅では、お客様と国土交通省の指定する保険法人との間で保険契約を締結していただきます。
お引き渡しした新築住宅に瑕疵が判明した場合、にしがきホームが補償対応し、その補修費用等が保険金によりてん補される制度です。
倒産等で、にしがきホームによる補修が行えない場合等は、お客様から保険法人に直接保険金を請求することができます。

定期点検サービスの実施

6ヶ月後、1年後、2年後の計3回実施しています。

ご購入いただいた住宅で安心・安全・快適にお過ごしいただくために、にしがきホームでは住宅お引渡しから6ヶ月後、1年後、2年後の計3回、定期点検を実施致しております。
点検には点検専門の技術員がご訪問し、点検内容を詳細に確認致します。